シングルマザーのお金をかけない教育 子供がやる気を出した勉強法や通信教育教材!口コミ評判事例集

子供がやる気を出した勉強法や通信教育教材!口コミ評判事例集

幼児や小学生や中学生がやる気を出す勉強方法やおすすめの通信教育教材の口コミや評判の事例集。 教材でも例えば、全家研の月刊ポピーを初め各教材によって勉強のさせ方や個性や相性があります。 他にも国語、英語、理科、社会各教科の勉強方法や参考にした本や教材、ノートのとり方やテスト、受験勉強方法など勉強に纏わる創意工夫を集めてみました。

シングルマザーのお金をかけない教育

シングルマザーの家庭

会社で正社員の32歳の母親です。
上の娘は4歳、下の娘は2歳です。
離婚し、シングルマザーの家庭です。
私の休みは土日です。
二人の子どもは保育所に通っています。
近くに実家があります。


母親が関わる時間が少ない

離婚前は専業主婦だったので、子どもによく自分でいろいろなことを教えていました。
数の数え方、英単語、ひらがなの読み書きなどたくさん教える時間がありました。
そして、離婚前ほどお金に困っていなかったので、通信教材を取っていました。
しかし、私が働くようになり、仕事や仕事終わりの家事や育児の方に時間を取られ、直接子どもに自分が教える時間が減っていることに気付きました。
前はどんどん新しいことを覚えていたのに、ぱたっと知識が増えるのが止まっていたような気がします。


お金をかけず、教育

図書館で勉強
シングルマザーであまりお金もないので、できるだけお金をかけず、教育できる方法を考えました。
近所の図書館を利用し、毎日寝る前には必ず上の子に一冊、下の子に一冊、合計二冊は本を読むようにしました。
テレビの教育番組を録画して見せたり、安くDVDを借りて見せたりすることもあります。
試供品のDVDも活用しています。
子どもが道端の花に興味をもったら、一緒に図鑑で調べるようにもしています。
また、幸いなことに私の母親が学習塾をしているので私が教えるのとは気持ちを切り替えて母親に勉強を教えてもらうこともあります。


子どもにとっては全てが勉強


私が直接教えなくても、子どもはいろいろなところから学びます。
毎日寝る前の読み聞かせを行うことで、下の子の言葉数が急に増えたような気がします。
分からないことや興味を持ったことを一緒に調べたことで、図鑑が好きになりました。

高度な教育は難しいけど

受験用の勉強は難しい気がします。
また、私の場合は母親が塾講師という恵まれた環境だったからできたことです。
読み聞かせは子どもとの少ない時間でのスキンシップとなったのでよかったです。

「一緒になってできるものを」

子どもだけにぱっと教育教材を渡すのではなく、親も一緒に楽しんだり、調べたり、学んだりできるものがいいと思います。
子どもの知りたいという気持ちを刺激してあげるのがいいと思います。