勉強方法の一つ朗読法実践口コミ 子供がやる気を出した勉強法や通信教育教材!口コミ評判事例集

子供がやる気を出した勉強法や通信教育教材!口コミ評判事例集

幼児や小学生や中学生がやる気を出す勉強方法やおすすめの通信教育教材の口コミや評判の事例集。 教材でも例えば、全家研の月刊ポピーを初め各教材によって勉強のさせ方や個性や相性があります。 他にも国語、英語、理科、社会各教科の勉強方法や参考にした本や教材、ノートのとり方やテスト、受験勉強方法など勉強に纏わる創意工夫を集めてみました。

勉強方法の一つ朗読法実践口コミ

受験勉強をするにあたりなにか効率的な方法はないかと考えて、いろいろ本を読んでみた。


繰り返し朗読法
勉強方法朗読
覚えたいことを何回も繰り返し読むということをしました。

時間短縮し一変に大量に覚えられ、今までは書いたりして覚えてましたが、書くという行為は意外に時間がかかります。
書いてる時間を何回も読んだほうが覚えるのです。しかも時間が圧倒的にかからない。

誰にでもでき、覚えれる量が増える
1,時間が節約できる
2,塾などに行かなくても成績が上がる
3,特別なスキルを必要としない
これはメリット

「大量に読みまくる」

例えば英単語などを覚えるときに数十個単位で次から次に読んでいきます。
読むだけですからいっぺんに数十単位、なれれば100でもいいわけですが読めるわけです。
それを繰り返します。
ここでもポイントがはっきりと覚えようとせずに流す感じでもいいのです。
繰り返すことによってしっかりと脳に刻みつけられるのがこの勉強法ですから。
繰り返しなので、覚えづらい公式などは壁に貼るといいでしょう。
たとえば自分の部屋のドアとか。
部屋のドアに貼るとどうしても出入りの時に嫌でも目に入ってきます。
これも繰り返しになるわけです。
他にもトイレのドアや廊下の壁でもいいでしょう。
家族が居て難しい場合は、単語帳みたいな小さなカードを持ち歩いて時間があったら見る。
こんな感じで覚えていけばしっかりと脳に刻みつけられると思います。
人間が覚えるときにはポイントがあって、それが繰り返しなにかをやることなんです。
これは殆どの人で例外がないくらいしっかりした覚え方です。
スポーツでも勉強でもいきなりできる人はごく少数です。
繰り返すことによって何事も覚えてるんですね。
残念なのが学校でこういったことを教えないことです。
順序的に最初に教えるのは授業の内容ではなく、覚え方なんですよ。
教科書だとおそらく数百ページでしょうが、それを読むのにどれほどの時間がかかるでしょうか?おそらく数時間程度で終わるでしょう。
最初は覚えなくても繰り返し読めばいやでも覚えてしまうものです。
司法試験に受かったとある女性の勉強法も読むということでした。
この女性の場合は7回読むということでした。
読んで覚えてるかどうかはテストしてみましょう。
問題集などをやってもいいと思います。
で、もし間違ったら間違ったところを繰り返し読みましょう。
こういった繰り返しで学校の勉強からスポーツにいたるまで効率的に短時間でどんどん覚えていけると思います。